【2022年7月】ガラスの仮面の50巻の発売はいつ?2012年から休載中で再開の可能性も

1976年から連載がスタートした『ガラスの仮面』

そんなガラスの仮面ですが、2012年にガラスの仮面の49巻が発売以降、連載を休止。

それ以降は再開がされるかどうか?はわからず、完結するのか?が不安視されています。

今回はガラスの仮面の作者である美内すずえさんのコメントも交えつつ、紹介していきます。

目次

【ガラスの仮面】連載していた雑誌『別冊花とゆめ』が休止

ガラスの仮面 どうなる 50巻 発売

ガラスの仮面が連載していた雑誌『別冊花とゆめ』は2018年に休止となりました。

そのため、ファンの中では2012年から単行本の発売もなく、最終回を迎えるコトはできるのか?と不安視されるように。

ただ、作者である美内すずえさんはガラスの仮面に関して、このようなコメントをされています。

この間も、「自分はもう70歳なので、そろそろ完結してください」というお便りをいただき、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、結末も決めてますし、最後のシーンのセリフや絵は浮かんでいます。少しずつですが描き進めていますし、必ず単行本は出しますので、もう少し待っていてください!

出典:ananweb

ちなみに、こちらは2021年のコメントですが、徐々に50巻の準備が進んでいるコトを告白されています。

作者の美内すずえさんの年齢を心配する声も

徐々にガラスの仮面は簡潔に向けて歩みを進めているようです。

ただ、最終回になるまでは50巻で終わる可能性は低い状態。

また2017年に出演した番組でも『50巻を制作中だ』とコメントされていますが、発売は未定。

そうなると、美内すずえさんは70代になっているコトを考えると、本当に完結するのか?

少し無理があるのではないか?と不安視するファンも多くいるようです。

現状でガラスの仮面は完結までどれくらいあるの?

ガラスの仮面 どうなる 50巻 発売

『ガラスの仮面』ですが、作者の美内すずえさんによると”ラストシーンの流れは決定している”とのコト。

またTV番組では休載中ながらも、『物語は8.5合目まで来ている』とコメントされていました。

つまり、残り15%ほどは残っているようです。

そう考えると、50巻で85%が完了したので、15%を終えるためには8~9冊必要になります。

そのため、全部で60巻以内に終わる可能性が高いです。

【ガラスの仮面】なぜ続きが発売されないの?

ガラスの仮面 どうなる 50巻 発売

ガラスの仮面ですが、ラストの流れは決定しているのに、発売されない理由ななぜなのでしょうか。

その理由として考えられるのが”美内すずえさんの完璧主義”です。

単行本に関しては、雑誌で発売される際に作者さんによって書き直しをするコトがあります。

修正の度合いは作者さん次第ですが、美内すずえさんは全てのページを書き直すんだとか。

そういったコトもあり、作品への拘りが強すぎるあまり、進み方がスローペースになってしまっているそうです。

【ガラスの仮面】早く最終回を見たい!終わってほしいと望む声も

ここからはガラスの仮面に対するネットの反応を確認していきましょう。

https://twitter.com/mellow_gold923/status/1393532986042187779

このように早く続きを見たいという声が多くあがりました。

まとめ

今回の記事ではガラスの仮面の新作がいつ発売されるのか?

また完結されるまでに何巻かかるのか?を紹介していきました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる